僕の足跡

日記みたいなものであり、挑戦したいことを綴るツールです。

職場体験最終日

どこまで書いていいんやろ…


f:id:httatu23:20180609000216j:image

今日までの5日間、障害者の方と働かせてもらった。そこはB型事業所ってところで、就労を目指すために賃金をもらいながら通う場所。賃金って言ってもバイトにも満たない賃金やけど。

そこで感じたことは、普通の人と作業自体は変わりないやんってこと。確かに薬のおかげとかはあるやろうし、目で見てもちょっと独り言が多いなってことは最初あったけど。慣れればどうってことはない。

僕自身は薬飲んでないし、正直グレーゾーンな気はしとる。作業の慣れはあるんやろうけど、僕より早く作業できる人がバンバンおった。

 

障害ってどうしてもできんことは障害になるんやけど、そもそもの根本的な部分って、その人どうこうやなくて周りの社会が産み出しとるんよな。よく障害は個性っていうけどほんまにそれ。障害者って普通の人よりも個性が強く出とるだけなんやと思う。

正直なところ、障害ってあるから差別意識なくならんのやとも思う。障害者雇用もその1つやと捉えてる。場合によっては障害者雇用じゃないとあかんときもあるんやろうけど、制度変われば縛られんでいいわけやしな。

全部個性に置き換えたらいいんちゃう?って。個性ない人なんかおらんやろうし。

 

結局はベーシックインカム。働きたい人だけ働く。これが1番良い。

 

そして僕は働きたい。もちろん、楽しく。

仕事辞めて何もせん日々続くんはけっこう苦痛やったから。

まあ人生1回はこの体験おすすめするけど