僕の足跡

日記みたいなものであり、挑戦したいことを綴るツールです。

3人目 御在所~日本坂

  • ご当地もの
  • 運命的な出逢い

 

ご当地もの

着いたのが12時前やったから少しだけ何か食べることに。普通に食べれるようなものはさすがに食べず、結局ご当地ソフトにw

四日市牛乳とご当地の抹茶で作られたもの。
f:id:httatu23:20180627171159j:image

ボリュミーで美味かった(*^^*)

 

さあ、次いってみよー!
f:id:httatu23:20180627171337j:image

迷ってたら名の口の部分めっちゃでかなってもた笑

名古屋方面ほとんどやけど、過ぎていく車がほとんどw

日射しめっちゃ熱くて焼ける焼ける(^^;

そんな中1台の車が!!

 

運命的な出逢い

優しそうな方が止まってくださり、乗っていいよとのこと。もちろん、乗せていただいた!

その方は現在フリーの音楽家で昔からやりたいことで生きてきた方。以下カモンさん。

しんどいことももちろんあったが、それを感じさせないぐらい話を聞いてるだけで楽しい時を過ごさせていただいた。

それだけではなく、話がとにかく合うし興味深い話がどんどん出てくる。


f:id:httatu23:20180627223152j:image
f:id:httatu23:20180627223204j:image
道中に寄った焼津SAで昼食の自然薯うどんを食べたときの写真。自然薯ってめっちゃ力強いんやな。山芋とかと全く違う。

 

切り替えて…

今回は3つの車内トークと2つの話をしようと思う。

まずは車内トーク

  1. 有機農業
  2. リズム感
  3. ヒッピーについて

 有機農業

僕自身スーパーの野菜を手に取ってしまっているが、可能なら有機、無農薬で作られたものを摂取したい。それは何故か。

元々は農業に薬は要らないものだったから。安全とは言いつつも完全に安全とは言い難い。それは農業だけではなくて人にも置き換えられる。

医薬品がそれ。遠い昔は薬はなかった。ただ、薬のおかげで症状が良くなったり安定するってことはある。だから全部必要ないとは思ってない。

野菜の話に戻るけど、有機の物が買いにくい理由としてどうしても価格が高いからってことはある。ただ、今回話を聞いてると場所によっては普通の価格で売っていることもあるらしい。

知り合いの方で無農薬の農家レストランを経営している方がいる。その家の子どもは無添加でないと嫌がるらしい。味覚、嗅覚が他の人と違う。凄い。田舎というのとナビで出にくいから行きにくいけど、ほんまにいいところやから是非!!(予約必須)

三心五観: メニュー

 

リズム感

リズムって難しいものやと思ってた。ライブとか行ってもたまに狂ってしまうんよな笑

今回そのことを相談してみた。ドラムの方やからっていうのもあると思うけど、めっちゃわかりやすい講座やった🎵

「リズムは考えるのではなく細胞で感じるもの」体が勝手に反応した。楽しかったな~。

曲はリズムと歌詞と音楽(メロディー&声)でできている。リズムがないと魅力は半減する。ほんまにその通りやなって感じたし、曲聞いてて思った。ちなみにその時聞いてた曲がUPLIFTの「LIFE」歌詞ばっかりに注目してしまうけど、リズムもよかった🎵

疲れたとき、辛いとき、結婚ソングとしてもUPLIFTオススメ!!

YouTubeでどうぞ!笑

 

ヒッピーについて

僕の1番大きな夢としてお金をあまり必要としない物々交換で生活する町を作るって夢がある。そのことを話したときに現代でもそのような活動をしている方々が日本含めた世界中にいると知った。その方々をヒッピーと呼ぶ。しかも昔はそういう生き方を広める活動があったそうな。

元々そんなに高い給料もらったことないから余計かもしれんけど、お金の必要性に疑問を少し感じている。

お金は必要と言うけど本当に必要なのか?お金に縛られた生活でいいのか?と。所詮は紙切れやで。まだ日本はましやけど、このままやと危ないんは誰しもわかっとるはず。自分で何か生み出す技術やったり人との交流や信用がないと、もし本当にお金が紙切れになったとき生きていけん。 信用さえあれば、お金は作れるし、生きていける。

ヒッピーの話聞くまで理想の話ぐらいとしか思えてなかったけど、聞いてから少し可能性あるなって思えた。

 

長いけどあと2つ付き合っていただけると有難い。

1つ目 今回のヒッチハイクでとあるアンケートをしている。まだまだ数が少ないから今後もしていくし、結果はお伝えできんけども。

そのアンケートっていうのは、「発達障害者と働く機会があるなら、働いてもいいorできれば働きたくない」というもの。

何故このアンケートをしたのか。これは僕自身が元々普通の人で働いてて、そのときは恥ずかしい話で障害者に対して「障害者」っていう目で見てたから。今は自分が障害者になってそんなこと全く思わんけど。

最近少し認識されるようになってきて、誤解されることもあるけど、良い方向に向かってるとは思う。ただ、まだ記憶に新しい新幹線殺傷事件で発達障害者ってことを何故かクローズアップされて変に誤解が生まれてるのか気になった。要は生の声を聞きたかったから行った。

もちろん僕は隠さずに話す。それでも働きたくなければ、僕の魅力が足りないってことやからより頑張ろうとも思える。

カモンさんに自分のことを話した後、障害者は個性という考え方に共感していただいた。まさに本心からの言葉がカモンさんから告げられていく。嬉しかった。
f:id:httatu23:20180627230017j:image
最終的に乗せていただいた日本坂SAでの写真。

 

最後に1つ。運命的な出逢いの最初でお伝えした通り、カモンさんはフリーの音楽家。以前は3人組のバンドを組んでいた。そのバンド時代から続く、3.11の復興チャリティーイベントして福日というものを毎年開催している。

音楽だけでなく、全国各地からの有機、無農薬野菜を加工したものを振る舞ったりして楽しく過ごすイベント。詳しくはこれをチェック!ページしっかり今見て行きたいなーって思った。そのときはまたヒッチハイクかな笑

18.06.29fri Song of the Earh Charity Gathering 福 -fukujitsu- 日#6

 

再会必ずしたいし、できる日を夢見て。